フリート(使用機体)の紹介

 

[複座機]

    LET L23 スーパーブラニク、JA2787

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  L23は、片持ち式、高翼、全金属製の複座グライダーである。主車輪は半引き込み式であり、一体型のキャノピーにより、前後席からの視界は非常に良い。延長翼を装備すると、最良滑空比は28から32に向上する。操縦性にくせはなく、素直である。L23は基礎トレーニングから、クロスカントリー、曲技飛行等の訓練に用いることが出来、世界中の多くの国で使われている。

 

 全幅  16.2m/18.2m

 乗員数  2

 失速速度  60km/h

 全長  8.5m

 アスペクト比  13.7/16.6

 初飛行  1987

 全高  1.9m

 最良滑空比  28@90km/h

 生産国  チェコ

 自重  310kg/315kg

 最小沈下率  0.82m/s@80km/h

 

 最大離陸重量  510kg

 超過禁止速度  250km/h

 

 

 

 

[単座機]

  アレキサンダー・シュライハー K8B、JA2180

(写真はJA2495)

  鋼管フレームに羽布を張ったオーソドックスな構造をもつスタンダードクラス初級単座機。主翼は木製桁に羽布張り。基礎トレーニングに続く単座機としては最適であり、弱いサーマルでの浮きの良さは他の追随を許さない。足は無いが、飛んでいて楽しい機体である。       

全幅 15.0m

乗員数 1

失速速度 52km/h

全長 7.00m

アスペクト比 15.9

初飛行 195711

全高 1.57m

最良滑空比 27@75km/h

生産国 ドイツ

自重 210kg

最小沈下率 0.65m/s@62km/h

 

最大離陸重量 310kg

超過禁止速度 190km/h

 

 

 

 

[曳航機]

 アビオン・ピエール・ロバン、JA4319

      

 

フランス製の全木製単発機。軽く、滑らかな表面で空気抵抗が小さく、馬力の割に高性能である。操縦性は軽快で、操縦桿方式と相まち、グライダーからの転換にも違和感は無い。曳航機としても最適で、阿蘇の他、関宿、北海道のグライダークラブでも使用されている。

 

全幅  8.72m

乗員数  1

失速速度  100km/h

全長  7.10m

搭乗者数  4

航続距離 820km

全高  2.23m

巡航速度 230km/h

エンジンライカミングO-360180hp

自重  560kg

最大上昇率 210m/min

初飛行  1972

最大離陸重量  1000kg

上昇限度 6000m

生産国  フランス